休日の楽しく過ごすために必要な事

2018.02.15

こんにちは。
代表の藤本です。

皆様は休日はどのように過ごしていますか?

私は意識的にトレーニング以外の事を
したり考えたりするようにしています。

放っておくとトレーニング(仕事)関係の
事を考えて実行し始めてしまう性分ですので…
普段の事から離れられないじゃん!
みたいな状況に陥りがちなので…
(別に嫌じゃないんですけどね…)

なので、意図してそれをしています。

前からやってる事は読書です。
最近は哲学に興味を持ち出したので
哲学の入門書を読んでいます。

史上最強の哲学入門という本を
最近読んでいたのですが
とても面白かったです。
(果たしてこの本で読書と言っていいのか
については置いておいてください…)

頑張って最終的には原著翻訳
くらいまでは行きたいと思います笑

他にもニッカウヰスキーの工場に
行ってみたり
行ってみたいカフェに行ってみたり
バスケットボールの試合を見に行ったり…
県外に美味しいものを食べに行ったり…
お寺を見に行ったり…

色々楽しませてもらってます。

リフレッシュって意味もありますが
でもそれ以上に個人的に大切に
している事があります。

違う分野の情報を入れておきたい

それよりも意図的にトレーニング
関連分野以外の情報を頭の中に
入れておきたいという気持ちがあります。

パーソナルトレーニング の肝になる部分

「パーソナル」トレーニングですから

その方に合わせたプログラム作成と
指導を行う事がとても大切になると
思っています。

私とお客様は同じ業界の人でしょうか?

当たり前ですが違いますよね。

でもトレーニング界隈の事しか
頭にないとお客様の事を中々
理解できないですよね。

少しでもあなたの事を理解できればなー
と思いながら、全然関係ない情報まで
入れるように心がけています。
(家ではラジオがつけっぱなしだったり、NewsPicks見てたりずっとSNSなどを追っていたりします。)

ちなみに疲れた時はグダーッと
一日寝ている事も結構あります。

 

 

 

 

 

 

 

休日を楽しむためには体力がいる

そういう感じなので色々休日は
何かしらやっている感じなのですが…

よく言われるのが…

そんなに動いてなんでまだこんなに元気なんですか?

っていう事をお客様に言われる事が
あるんですね。

単純ですがやっぱりトレーニングして
体力が余っていると思うんです笑

疲れてきたら好きで楽しいことも
ちょっと楽しめなくなってきますよね?

でもそこで体力があったらもうちょっと
色々楽しめるんじゃないかなー?
なんて思っています。

例えば…
体力があったら家族との時間も
もっと効果的に使えるんじゃないかな?
なんて思っています。

一緒に楽しむ時間をとれたらいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

せっかく一緒に過ごす時間なんですから
より楽しく過ごせたらいいですよね。

とりあえず運動を始めてみよう

じゃあ何をすればいいの?って話に
なりますが…

なんでもいいです。

ウォーキングでもジョギングでも
ウェイトトレーニングでも
バスケットボール でも
ストレッチだけでも

まず始められる事を始めてみませんか?

公共の体育館とかであれば
一回で200円位で運動ができたり

公民館でヨガ教室とかもあったりします。
(なんだったら教室も紹介しますし)

このブログでも少しずつ気軽にできる
ような運動を紹介して行きますね。

日々を楽しむための体力のために
ちょっとだけ時間を投資始めてみませんか?

新プログラムが始まりました。

Fit Lab YOUTHでは1月から
新グループトレーニングプログラム

For Biz Person

を開始しました。

最大6名まで同時にトレーニングが
行われるグループレッスンです。

中々運動する時間が取れない。
短時間で体を引き締めたい。

そういった方にオススメの
プログラムです。

ぜひご参加ください。

お申し込み・お問い合わせはこちら

HP: https://fitlab-youth.com

お問い合わせフォーム

電話番号: 022-354-1776

e-mail: contact@fitlab-youth.com

LINE@
友だち追加

こちらからお気軽にお問い合わせください。

また各種SNSでもダイエットや
トレーニングに関する役立つ情報を
シェアさせていただいています。

ぜひフォローをお願いします。

フェイスブックページ

インスタグラム

ツイッターアカウント

仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジムFit Lab YOUTH代表トレーナー。ダイエットや食習慣の改善、腰・肩・膝の状態の改善を得意とし一般の方からアスリートも幅広く指導している。NSCAジャパン東北アシスタントエリアディレクターとして宮城県のトレーナーのレベルアップのための環境づくりにも力を入れている。CSCS*D・スポーツ科学修士