食べる時間は気にしなくていいの?

2017.10.03

こんにちは!
仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジム
Fit Lab YOUTH代表の藤本です。

ダイエットでこういうことを気にしていませんか?

遅い時間に食べることが多いからな…

仕事が不規則で…

付き合いが多くて…

 

実はそれ、そんなに気にすることじゃないんです。

 

 

 

 

 

 

 

夜遅くに食べても大丈夫?

今までの記事を振り返っていただければ
ご理解いただけると思いますが…

結局は24時間で

カロリーをどれくらいとるか?

タンパク質をどれくらいとるか?

脂質をどれくらいとるか?

炭水化物をどれくらいとるか?

その他必要な栄養素をどれくらいとるか?

これらが体重や体脂肪率等に最も
大きな影響を与えます。

ですから夜遅く食べようが
気にする必要はないんです。

 

 

 

 

 

 

ビックリしました?

ですので決めた食事量をしっかり
取るようにしましょう。

摂取カロリーを合わせた上で時間をずらしたら?

でも夜遅く食べたら…

と常識のように何度も聞かされたことですから
中々信じられないですよね?

では実際どうなんでしょうか?

それらを調べた実験があります。

どのような実験かというと
摂取カロリーを揃えた上で
食事を摂取するタイミングをずらす

というような手法が取られるのが
妥当ですよね。

Sensiさん達という方々が実際に
早く食事を取る群と遅く取る群に
分けて摂取カロリーを統一して
体重の減少を違いを見たところ…

遅くとっても早くとっても体重の
減少に差はありませんでした。

Soferさん達の研究では夕食を
多くとったほうが体重が落ちてます…。
(特に炭水化物多くとってます…)

いくつかの報告では朝食を多く
とったほうが体重の落ちがよかったという
報告もありますが、どのようにして
食事を取らせたかの記述がないため
判断が難しいですね…
(これとかこれとかですね…)

結局自分のライフスタイルに合わせるのが一番

ただ一つはっきりしていることは

消費カロリーが摂取カロリーよりも大きければ体重は落ちる!

これだけはハッキリしています。

朝食の方が体重が落ちたという報告でさえ
朝食を多くとったグループ
夕食を多くとったグループ

両方、体重は落ちています。

ですので細かいことをゴチャゴチャ
考えるよりも

24時間でどれくらいとったか?を
気にしながら

これで考える方がスッキリすると
思います。

夜が変えられないなら昼をコントロールする。

実際に夜を中々変えられない方は
多いです。

付き合いの食事や飲み会など

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった人付き合いが関わる
食事をコントロールするのは
難しいでしょう。

夜遅く疲れて家に帰ってきて
手の込んだ料理をするのも
大変でコンビニ弁当になってしまう
方も多いでしょう。

疲れている時に何かをするは
とても大変ですよね…。

では最初に手をつけるべきところは?
朝食や昼食、そして間食など
自分自身でコントロールできる食事です。

変えなきゃと思っていて変えられない所は
ひとまず放っておきましょう。

そう思ってて変えられないなら
そこはかなり難しいポイントということです。

まずはコントロールしやすい日中の食事を
コントロールすることがダイエットの
ためには効果的だったりしますよ。

日中の食事、気にしてみてくださいね。

ダイエット・トレーニングのお問い合わせはこちら

電話番号: 022-354-1776

contact@fitlab-youth.com

こちらまでお気軽にお問い合わせください。

また各種SNSでも進捗度合いを報告させていただいています。
進捗以外でもダイエットや健康に関する情報を配信させていただく予定です。

フェイスブックページ

インスタグラム

ツイッターアカウント

(クリックするとそれぞれリンク先に飛びます。)

こちらもぜひフォローしてください。

 

仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジムFit Lab YOUTH代表トレーナー。ダイエットや食習慣の改善、腰・肩・膝の状態の改善を得意とし一般の方からアスリートも幅広く指導している。NSCAジャパン東北アシスタントエリアディレクターとして宮城県のトレーナーのレベルアップのための環境づくりにも力を入れている。CSCS*D・スポーツ科学修士