好きなだけ食べる?糖質制限の効果って実際どうなの?

2017.02.28

こんにちは!
宇都宮のパーソナルトレーナー藤本です。

最近のトレンドである
いわゆる「糖質制限」ですが
実際に効果があるかどうか?

効果があるかないかといったら

効果があります!

「いわゆる」糖質制限をした事で、
体重が落ちました!というような例は
皆さまの周りでは溢れているでしょう。

実際に糖質制限と呼ばれるものを
実行して効果が出たリサーチは
複数あります。
ですから体重を落とす方法としては
効果的であるとはっきりいえます。

でも…、体重は落ちるんですが…

なぜ落ちたかが重要なんです。

※必ず以下の文章を読んで下さい

 

糖質を摂らなければ痩せるのか?

糖質を摂らなければ痩せるのか?を
実際にどうなのかを調べるためには

二つのグループのエネルギー摂取量を
同じにして、

糖質が少ないor無しのグループ

それよりも糖質が多いグループ

に分けて比べる必要がありますよね。

実際にそれを調査した研究では
糖質が少ないグループと
糖質が多いグループを比較したところ

体重の変化に差はありませんでした。
(Sacksら, 2009)

つまり体重は落ちたんですが

他の方法と同じ程度しか
体重は落ちなかった。

という事です。

糖質をほぼ全カットしたわけではないため
そこまではわかりませんが
(糖質は全摂取カロリーの35%程度)
糖質をカットすれば痩せますよとは
言い切れないなと思います。

1つの方法として有効

他にも非常に低い糖質摂取量でしられる
アトキンスダイエットと地中海食と
低脂質ダイエットを比較したところ
短期的にアトキンスダイエットが
最も減量が達成出来たという
結果もあります(Shaiら, 2008)。

しかし摂取カロリーを比較したところ
アトキンスダイエットは他の二つよりも
明らかに摂取カロリーが少ないのです。

ということは…

結局、

摂取カロリーと消費カロリー

ではないの?という事になりまよね。

ただ、1つ言えるのは糖質制限食は
摂取カロリーをマイナスにしやすい
かもしれません。
個人的な体感も含めての感想ですが。

つまり糖質をカットすることで
体重が落ちるのではなく
そのことにより摂取カロリーが
減少してやせるのではないか?
という事です。

糖質制限食のリスク

糖質制限食は継続率が低く
数年後には元の体重に戻ってしまう
可能性が高いようです。

それだとなんのために糖質制限を
したのかわからなくなりますよね^_^;。

また長期では心臓血管系疾患にかかる
確率が増加する事も懸念されています。

短期的に体重を落とすためには
とても有効な手段だと思います。

しかし、長期で実施した場合のリスクを
考えた場合と継続のキツさを考えると…

やっぱりゆっくり減量できる食習慣を
身につけたほうが良いですよね。

無理しない、痩せるための食習慣を
ご提案できればと思っています。

藤本が多くのお客様に適用している
ダイエットのアイディアを
メルマガでわかりやすくまとめました。

ダイエットをするためには

適切な栄養はどれくらいで
どのようにすれば手間なくとれるかも
重要になるため、
こちらを読めば
適切な栄養摂取のポイントが
掴めるとおもいます。

ご購読は無料ですのでお気軽に
ご登録下さい。

ご購読はこちらから↓

宇都宮のパーソナルトレーナー 藤本 千晶

HP: http://py-fitness.net/

体重を落とす食事にするための無料メルマガ購読
登録フォーム

直接のパーソナルトレーニング指導
弊社ホームページ

お問い合わせ・ご質問等は
お問い合わせフォーム
LINE@
友だち追加

こちらからお願い致します。

仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジムFit Lab YOUTH代表トレーナー。ダイエットや食習慣の改善、腰・肩・膝の状態の改善を得意とし一般の方からアスリートも幅広く指導している。NSCAジャパン東北アシスタントエリアディレクターとして宮城県のトレーナーのレベルアップのための環境づくりにも力を入れている。CSCS*D・スポーツ科学修士