ダイエットを継続するためのポイント

2017.04.05

こんにちは!

ダイエットの何が一番大変かと言ったら
断然続ける事ですよね

ダイエット成功まで誘惑する
食べ物が一杯…

友達からの誘いの食事や
お菓子も沢山あります。

仕事上で食べなければ
ならないことも多いでしょう。

さて、継続することがもっとも
大変なダイエット

成功するためのポイントは
どこにあるのでしょうか?

成功させるためのポイント
  1. とにかく手間のかかる事をしない
    ただでさえ忙しい日常生活。
    お仕事や家事、休日でもやる事は沢山です。
    そんな中、ダイエットをしようと
    手間のかかる料理ばかり作っていたら?

    ちょっと続けられるかわからないですよね…

    ですから今が外食やコンビニで買うことが
    多いのであれば、まずはその中で
    摂取カロリーを少なくする工夫をしましょう。

     

  2. 最初はストレスが最小限になるものから始める
    1と関連しますが、出来る限りストレスを
    低く出来るものが良いです。

    手間をかけないというのもそうですし

    あまりに美味しくないものを食べ続ける事も
    そうですね。

    同じものを食べ続けるという事も
    ストレスの要因だと思います。

    ですから現在よりも摂取カロリーが低くなり
    最初の方は出来るだけ食べやすいものを
    食べることが大切になりますよ。

  3. 目標設定は現実的で小刻みに
    現在が体重60kgで目標が55kgだった場合
    最初に目指すのは59.0kgと設定するのが
    現実的でしょう。

    期間も少し長めにとって6週間とかで設定
    してみてはいかがでしょう?

    え?ちょっと長いって?

    実は食習慣を変えて体重を落とすって
    結果が出るのに少し時間がかかるんです。

    なぜなら習慣を変えようとする間に
    食事が上手くいかず落ちない週もあるからです。

    それはしょうがないですよね。
    習慣を変えようとチャレンジしている最中なのですから

    その上手くいかなかった事に対して
    どう対処するのか?そう言った事も考えながら
    少しずつ減らしていきます。

  4. 失敗しても気にしない
    一度失敗したからってそんなに
    落ち込まないで下さいね。

    また切り替えて次の食事から頑張りましょう。

    もしあまりにも失敗が繰り返されるなら

    ちょっとそれはあなたのライフスタイルと
    食事の方法が合っていないのかもしれません。

    そういう場合はちょっと方法を変えてみましょう。

     

  5. いきなり摂取カロリーを落としすぎない
    以前のブログでも触れましたが…

     

    あなたは大丈夫?失敗するダイエットのパターン
    (クリックするとリンクに跳びます。)

    いきなり理想的な食事にしようとすると
    現状とっているカロリーよりもかなり
    少なくなってしまうことが多いです。

    ですので最初は今の食習慣から
    少しだけでも摂取カロリーを落とすような
    食事の内容にして

    その内容で体重が下げ止まったら
    またもう一手を打つという感じで
    進めてみて下さい。

    いかがでしたでしょうか?

    ダイエットは正直ストレスとの戦いです。
    そんなストレスを少しでも軽減することが
    ダイエット継続と成功の鍵になりますよ。

    ぜひ上記のポイントを意識して
    食事を考え直してみて下さいね。

    お申し込み・お問い合わせはこちら

    HP: https://fitlab-youth.com

    お問い合わせフォーム

    電話番号: 022-354-1776

    e-mail: contact@fitlab-youth.com

    LINE@
    友だち追加

    こちらからお気軽にお問い合わせください。

    また各種SNSでもダイエットや
    トレーニングに関する役立つ情報を
    シェアさせていただいています。

    ぜひフォローをお願いします。

    フェイスブックページ

    インスタグラム

    ツイッターアカウント

仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジムFit Lab YOUTH代表トレーナー。ダイエットや食習慣の改善、腰・肩・膝の状態の改善を得意とし一般の方からアスリートも幅広く指導している。NSCAジャパン東北アシスタントエリアディレクターとして宮城県のトレーナーのレベルアップのための環境づくりにも力を入れている。CSCS*D・スポーツ科学修士