アルコールは飲んでも太らないんでしょ?

2017.09.26

こんにちは!
仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジム
Fit Lab YOUTHの藤本です。

本日のタイトルですがアルコールは
飲んでも太らないでしょ?
という説がちょっと出回っていました…

太るのはおつまみで、そのおつまみさえ
気にしていれば大丈夫。

さて、実際にはどうなんでしょうか?

ビールが持っているカロリー

カロリーSlismによると…

350mlあたり
エネルギー: 142kcal
炭水化物: 10.97g
脂質: 0g
タンパク質: 1.06g

となっています。
大体ご飯お茶碗一杯の七割くらいの
エネルギーを持っていますね…

やっぱり糖質も多いしやめるかー

他のお酒かな?と思った方

ちょっと注意が必要です。

ん?計算合わないよね?

ここで勘の良い方ならお気づきだと
思いますが…
カロリーの計算がこれ合ってないんです。

炭水化物は4kcal/g

タンパク質も4kcal/g

のエネルギーを持っています

10.97g x 4kcal/g = 43.88kcal
1.06g x 4kcal/g = 4.24kcal

合計すると…

48.12kcal

にしかならないんです。

残りの約94kcalはどこに行って
しまったのでしょうか?

アルコールにもカロリーがある!

お酒はアルコールが含まれてお酒ですが
アルコールにも実はカロリーがあるんです!

アルコールには

1gあたり7kcal

のカロリーが含まれています。

計算すると

94kcal ➗ 7kcal/g ≒ 13.42g

のアルコールですね。

アルコール度数は飲料全体の容積に
対してのアルコール体積によって決まります。

アルコール(エタノール)の体積比は
0.79g/mlですから

13.42g ➗ 0.79g/ml ≒16.98ml

16.98 ÷ 350ml x 100 ≒ 4.8%

つまりアルコール度数約5%の
ビールにこれだけのカロリーが
含まれています。

350mlのビールですから

13.42g ➗ (約)350g x 100 = 3.8

つまり3.8%のビールでこれだけの
カロリーが含まれています。
(アルコール度数は重量比でなく
体積比で算出するとのご指摘を
いただきましたので修正させて
いただきます。)

ウイスキーだったらどうでしょう?

日本酒だったら?

結構恐ろしい結果になりそうですよね…

アルコールは食欲を増進する。

さらに恐ろしいことにアルコールは
食欲を増進します。

誰でも経験はあると思いますが
アルコールが入ると食事がどんどん進みますよね。

締めのラーメンやチャーハンは誰でも経験が
あるのではないでしょうか?

冷静に考えるとよくあれ食べれるなと
思いませんか?

それってアルコールの力が影響してるんです。

最初のステップは飲む量を減らす事

だからと言ってお酒を止めろ!とは言いません。

どうしたって付き合いはありますし

何よりお酒のない人生なんて…

でも体重を落としたい場合は
少なくとも今よりもアルコールを減らす
ことはポイントの一つなのかな?
と思います。

飲み会の回数は最初は気にしなくて良い

週4回平均だったらさすがに気にする必要は
ありますが…

週1〜2回だったらそんなに気にしなくても
良いです。

それよりも晩酌で取っている分のアルコールを
減らしてみましょう。

ケースで買いだめしておくのを都度買いに
するとか

いつも500ml買ってたのを350mlにするとか

一本だけノンアルコールビールを
紛れ込ませておくとか笑

日常の食習慣を改善してアルコールに対する
欲求を減らしてみるとか(経験則ですが)

ダイエットはまずは自分でコントロール
できる部分から手をつけるのが肝です。

まずは小さなことから始めてみては
いかがでしょうか?

ダイエット・トレーニングのお問い合わせはこちら

電話番号: 022-354-1776

contact@fitlab-youth.com

こちらまでお気軽にお問い合わせください。

また各種SNSでも進捗度合いを報告させていただいています。
進捗以外でもダイエットや健康に関する情報を配信させていただく予定です。

フェイスブックページ

インスタグラム

ツイッターアカウント

(クリックするとそれぞれリンク先に飛びます。)

こちらもぜひフォローしてください。

仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジムFit Lab YOUTH代表トレーナー。ダイエットや食習慣の改善、腰・肩・膝の状態の改善を得意とし一般の方からアスリートも幅広く指導している。NSCAジャパン東北アシスタントエリアディレクターとして宮城県のトレーナーのレベルアップのための環境づくりにも力を入れている。CSCS*D・スポーツ科学修士