コーチ・トレーナーのするべき事

2017.04.18

こんにちは!
宇都宮のパーソナルトレーナー藤本です。

いきなりなんだってタイトルですが…
指導にしてもコミュニケーションの
とり方にしても

「もう二度とそれをやってはいけない」

とか

「なんでそんな事をやったの?」

とか

「なんでそれをやってしまったのか
自分で考えなさい」

というような指導の仕方の経験ありませんか?

藤本はそれがすごく苦手です。

 

 

 

 

 

 

どなたにも出来るだけしないようにしています。

なんででしょうか?

その発言の内容自体は基本的に
コーチ・トレーナー側が考える事
だからです。

人間だから失敗・間違ってしまう。

ぶっちゃけた話をしますよ。

最初の食事指導をされる方の八割は
過少に食事内容を申告されます。

そもそもそれを食事として
認識していなかった。

「こんなに食べている」
という事は恥ずかしいし
知られたくない。

怒られるかもしれない。

指摘されるのいやだなぁ…

そんな感じが多いようです。

大丈夫です。藤本は指摘もしないし
ましてや怒りもしません。

新しいことは基本的に失敗して当たり前なんです。
今までできていなかったのですから。

では指導される側がなんのヒントもなく

「どうすれば直せるの?」

と問いかけられてもわかるわけないですよね。

それができないからお前のところに来てるんだろうがと笑

コーチ・トレーナーの仕事はお客様が
出来ないことを出来るようにするのが仕事(の一つ)です。

ですから

なぜ出来ないか?

なぜそれをしてしまったか?

どうすれば改善されるのか?

それを考えてご提案するのは
コーチ・トレーナーの仕事だと考えています。

今が良くなくても大丈夫

基本的に藤本はこれをして下さい。
という事しかご提案しません。

あれがダメだったから~

なんてことは言いませんよ。

(改善された後に言いますけど笑)

別に今が良くなくてもいいんですよ。

それを少し改善させれば少し良くなりますから

そしてそれの繰り返しですよね。

藤本のスタイルは少しの改善を
積み重ねていって最終的に大きな改善に
なっているというスタイルです。

要するに少しでも改善されればいいんです。

少しでもチャレンジした事は改善だと思います。

では実際にチャレンジしてみてどんな障壁で
それが出来なかったのか?

ではその障壁を越えるためには?

でもまずはチャレンジしないと始まりませんよね。

だから、藤本はチャレンジする内容しか
基本的に発言しません。

たまにお客様からしたら予想外すぎるご提案を
することがあって、それについては説明しますが笑

過去の事をあーだこーだいってもしょうがないですから。

大切な事はまずはチャレンジすることで

そしてそこから得た経験を活かして
進んで行く事だと思います。

まずはそうなりたかったらチャレンジしてみましょう。

そしてコーチやトレーナーのするべき事は
過去の悪かった事を指摘するのではなく

常に新しいチャレンジを提案し続ける事だと考えています。

そんなコーチングをこころがけてます。

無料メルマガ発刊中

体重を落とす食事にするための情報満載の
無料メルマガを毎週水曜日に発刊しています。
ご登録いただくと体重を落とす食事にするための
基本12ステップマニュアルを
プレゼントしております。

無料ですのでお気軽にご登録下さい。

ご購読はこちらから↓

 

 

宇都宮のパーソナルトレーナー 藤本 千晶

HP: http://py-fitness.net/

体重を落とす食事にするための無料メルマガ購読
登録フォーム

直接のパーソナルトレーニング指導
弊社ホームページ

お問い合わせ・ご質問等は
お問い合わせフォーム
LINE@
友だち追加

仙台駅東口にあるパーソナルトレーニングジムFit Lab YOUTH代表トレーナー。ダイエットや食習慣の改善、腰・肩・膝の状態の改善を得意とし一般の方からアスリートも幅広く指導している。NSCAジャパン東北アシスタントエリアディレクターとして宮城県のトレーナーのレベルアップのための環境づくりにも力を入れている。CSCS*D・スポーツ科学修士